TOP脳梗塞後のリハビリと予防>脳梗塞になった芸能人

脳梗塞の色々

脳梗塞になった芸能人

テレビ・ラジオ・雑誌等々でお目にかかることができる有名人。その中では、本当に若々しく元気そうに見えます。それは私たちも裏返しの状況だと言えます。
私たちも普段は元気そうに働き、何も問題ないように見えるからです。一歩踏み間違えれば、誰でも発症してしまうのが脳血管障害の怖さです。

有名人で脳血管障害を発症した人を羅列してみます。坂上二郎・西城秀樹・大島渚・田中角栄・長嶋茂雄・三遊亭円楽・栗本慎一郎・真屋順子・大鵬…私がパッと思いついた有名人でもこんなにいるわけです。

少し前の脳梗塞後の記者会見で印象に残っているのは西城秀樹さんです。西城さんは記者会見の途中、いろいろ思い返すこともあり涙が止まらなくなり、数分間、その場を離れました。
脳疾患発症後まだ数カ月しか経っていなければ、脳内の精神・感情を司る部分がまだ不安定な時期にあります。それまで余り泣かなかった人でも、すぐ泣いてしまったり…西城さんの記者会見はそれを非常に強く感じました。

それとミスターチルドレン(音楽グループ)のボーカリスト:桜井和寿さんが小脳梗塞で倒れた時はびっくりしました。個人的に大好きでコンサートにも行ったことがありましたから。
ちなみに小脳梗塞とは小脳に発症した脳血管障害をいいます。歩行困難になったり、立ち上がることが出来なくなったり、知覚と運動をとりもつ部分の障害です。

こうしてみると、老若男女関係なく脳梗塞を発症していることがわかります。私たち自身も、改めて生活習慣の予防を考えるべきだと思います。

———————
文責:竹林 豊
———————

pagetop
前のページ