TOP脳梗塞後のリハビリと予防>脳梗塞という試練を乗り越え続ける男性の話

脳梗塞の色々

脳梗塞という試練を乗り越え続ける男性の話

芸能人で脳梗塞を2度も発症した人といえば、西城秀樹さんではないでしょうか。

西城さんは2012年日本テレビ系「24時間テレビ」で、代表曲「Y・M・C・A」をフリ付きで大熱唱されていました。

そして世間にも脳梗塞で麻痺を抱えながら、新たな目標に挑戦している人が数多くいます。

そんな1人…新潟県在住の阿部忠男さん(49歳)は、介護タクシー事業に挑戦しているそうです。

阿部さんは脳梗塞で右半身麻痺になったそうですが、退院後、自身のリハビリを兼ねて、ホームヘルパー2級の資格を取得したばかりでなく、介護タクシーに興味を抱き自動車2種免許も取得したそうです。

そして退職金を元手に、介護タクシー会社を設立…しかしその直後、2度目の脳梗塞を発症…

阿部さんは2度目の脳梗塞にも拘わらず、「絶対に治る!」という信念を持ちリハビリに取り組んだ結果、普段通りの生活ができるまで回復し、今では元気に介護タクシー会社を運営しているそうです。

阿部さんは、次のように豊富を語っています。
「人によって身体の不自由さはまちまちですが、その人の程度に合わせ丁寧に対応したい。」と…。

こうした阿部さんの行動は、脳梗塞に悩まされている人に勇気を与えるものだと思います。

pagetop