TOP脳梗塞後のリハビリと予防>排ガス規制が脳疾患障害を減らす!

脳梗塞の色々

排ガス規制が脳疾患障害を減らす!

2006年を境に、全国でディーゼル車の排ガス規制が一層強化されました。

それを期に東京都では、岡山大学を中心とした「排ガス規制による身体への影響を考える」計画が行われてきました。

そして今回の研究は、大気汚染が市民の健康(身体)に対してどのような影響を与えているか、国内で始めて検証されたものであり、その結果は非常に興味深いものだったといえます。

実は東京都における脳卒中患者の死亡率が、8.5%も減少したのです。

つまり、排ガスから放出されている様々な弊害物質は呼吸器系に対する悪影響だけでなく、循環器系にも多大な悪影響を及ぼしていることがわかったのです。

私たちの生命を維持し続ける大気には、窒素酸化物などを含む汚染物質が混合している微粒子が漂っています。

私たちは、この微粒子を肺に取り込む→血流によって全身に侵入→結果として呼吸器系疾病に加え、脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害の危険性を高めていることが、改めて認識することができたわけです。

私たちは、改めて考えなければならない時期に直面しています。

それは、いかに大気汚染を軽減する必要があるか!」ということです。

何故なら、大気汚染=健康に弊害を与えることが実証されたわけですから…。

pagetop