TOP脳梗塞後のリハビリと予防>脳の画像診断に欠かすことができないCTスキャン

脳梗塞の予防法

脳の画像診断に欠かすことができないCTスキャン

脳の画像診断:CTスキャンは、脳血管障害の症状に欠かすことができない治療機器です。

○CTスキャン…

まず頭を固定した状態で、丸い筒状の機器の中に頭を入れます。

すると筒状の機器の周りからエックス線が照射され、コンピュータに取り込まれた頭の輪切りの画像が写し出されます。

そして、CTスキャンされた頭(脳)の画像は灰色に写し出されます。
(骨は白っぽく~水は黒く~…部位によって写り方が違います。)

また特にCTスキャンが効力を発揮する病気が、脳内出血/くも膜下出血といった出血を伴う脳血管障害です。

事実、脳内出血/くも膜下出血を発症してすぐにCTスキャンした場合、脳内で発症した出血部分(白く見える)を診ることができるのです(素人でも一目瞭然でわかります)。

ちなみに脳梗塞は脳内の血管が壊死する病気であるため、すぐにCTスキャンをしても画像で判断することはできません。
(脳梗塞の血管の壊死状態は、数時間後すれば検査することができます。)

最近ではMRI(核磁気共鳴画像法)の登場によって、CTスキャンは古い脳の画像診断と思われがちですが、

現在でも脳内出血/くも膜下出血の疑いがある患者さんに対しては、真っ先に検査されるのがCTスキャンなのです。

さらにCTスキャンも技術革新によって、脳腫瘍といった塊も検査できるようになっています。

まだまだCTスキャンは、脳の画像診断をするを欠かすことができない治療機器だといえます。

pagetop
7