TOP脳梗塞の基礎知識>脳梗塞と麻痺

脳梗塞になってしまったら

脳梗塞と麻痺

脳梗塞を発症することによって、多かれ少なかれ肉体的ダメージも受けます。それが麻痺です。
麻痺といってもいろいろありますが、ここでは片麻痺と言語障害について説明させていただきます。

片麻痺…右脳の細胞にダメージを受ければ左側の身体が麻痺に、左脳の細胞にダメージを受ければ右側の身体に麻痺を負うことになります。
右片麻痺・左片麻痺に共通する症状として半身麻痺・記憶障害・空間の認知障害等々があります。

空間の認知障害とは、右片麻痺の方なら右側の空間感覚が無くなることを意味します。例えば、右片麻痺の方がバランスを崩して倒れたとします。右側の空間感覚がないため、必ず右側に倒れます。これは左片麻痺の方も同様です。
また半身麻痺は手足だけの麻痺を言っているわけではありません。例えば食事をしているとします。左右バランス良く噛んでいるつもりでも、麻痺側の口(歯)はきちんと噛めていません。その証拠によだれ(唾液)が麻痺側の口から垂れてしまったり、ご飯粒を知らない間にこぼしてしまったりしています。

記憶障害に関しては、脳梗塞を発症したことよって認知症・アルツハイマー症になってしまう方もおられます。しかし、そうでない方も発症後の数週間は言葉がでない(形はわかるが名前が思い出せない)方がほとんどです(時が解決してくれます)。


言語障害は麻痺した側によって大きく異なります。人間の利き腕はほとんど右利きだと思います。右利きの方の場合、言語中枢の99%が左脳に集中しています。そして、左利きの方の場合、言語中枢の50%が左脳にあります(つまり50%は右脳)。つまり、右片麻痺になった方のほとんどが言語障害のダメージを受けているといえます。
言語中枢が完全に壊死してしまったなら失語症になってしまいます。失語症…聞く・話す・文字を書く・読む、これらがすべて不能になるわけです。

こうしてみると、麻痺の方が重篤のような気がしますが、自分の気持ちを伝える手段がなくなった言語障害の方がずっと重篤ではないかと思います。

pagetop
3