TOP脳梗塞の基礎知識>脳卒中とは

脳卒中の種類と原因

脳卒中とは

日本の三大疾患をご存知でしょうか。ガン・心筋梗塞、そして脳卒中です。
脳卒中には、いろいろな種類があります。例えば、脳の血管に血が詰まった場合…脳梗塞・脳血栓症・脳塞栓症・一過性脳虚血発作に分類されます。ここでは、それぞれの症状を説明したいと思います。

脳梗塞は脳疾患の中で最も名前が知られていると思います。実際、脳卒中の3/4が脳梗塞で占められています。脳梗塞は脳の血管が詰まったり、狭くなったりして血流が止まってしまう疾患です。
脳血栓症は動脈硬化と深い関わりがあります。動脈硬化は動脈が硬くなったり柔軟性を失うことによって、血管に血が詰まる状態を指します。これが脳内で起きた場合、脳血栓症と診断されます。
脳塞栓症は心臓など体内で出来てしまった血の塊が、巡り巡って脳内の血管で詰まってしまう疾患です。

一過性脳虚血発作は瞬間的に脳内で血が詰まった状態を指します(すぐに血流は再開します)。よくこういう事例を聞くことがあると思います「急に手足がしびれたり、一瞬目の回りがぼやける」…これこそが一過性脳虚血発作、つまり脳梗塞の前兆だと考えるべきです。
脳梗塞に代表される脳の血管に血が詰まった疾患は、脳に酸素や栄養素が届かなくなります。細い血管が詰まれば多少なりとも処置が可能ですが、太い血管が詰まってしまうとかなりのダメージを負うことになります。そのダメージこそが死であり、麻痺(言語障害・運動障害等々)なのです。

とにかく脳卒中が発症した場合、時間との勝負になることを覚えておいてください。対処が早ければダメージを最小限に留めることができます。

pagetop
前のページ
1