TOP脳梗塞の基礎知識>一過性・若年性脳梗塞

脳卒中の種類と原因

一過性・若年性脳梗塞

脳梗塞には、状況に応じて様々な呼び名があります。
例えばアテローム血栓性脳梗塞と一過性脳虚血発作(TIA)、この二つの脳梗塞は非常によく似ています。

アテローム血栓性脳梗塞は、動脈硬化で動脈壁に徐々に沈着したアテロームによって、動脈内が狭くなり十分な血流を保てなくなり、アテロームが剥がれ落ち脳血管に詰まる疾患をいいます。アテロームとは、動脈内膜にコレステロールなどの脂肪からなるドロドロした粥状の物質です。
アテロームは固形物質でないため、一気に剥がれ落ちることはありません。そのため詰まったとしても脳の壊死範囲はさほど大きくならない傾向にあります。

一過性脳虚血発作(TIA)は、脳梗塞発症以前から脳の毛細血管部分を詰まらせてしまう疾患です。
一過性脳虚血発作(TIA)もアテローム血栓性脳梗塞と同様、壊死範囲はほとんどわかりません。しかし、「急に手足が震える」「ロレツが回らない」等々の症状を瞬間的に引き起こすことで、脳梗塞の予兆という部分では非常にわかりやすい疾患であるといえます。
上記の二つは動脈硬化が原因となっていますが、心臓が原因で脳梗塞を引き起こす場合もあります。それを心原性塞栓症といいます。
通常心臓は規則正しいリズムで血液を流しています(血液が固まることもありません(血栓)。しかし、ある時、不整脈を引き起こしてしまうと、心臓の中の血液が一瞬澱んだ状態になります。そのとき、血栓が出来てしまい脳血管を詰めてしまいます。これが心原性塞栓症と呼ばれる疾患です。

また若年性脳梗塞もあります。脳梗塞はご老人がなる病気だと思ってはいませんか。確かに昔はそうでした。しかし、最近の脳梗塞発症者の20~30%が若年性脳梗塞なのです。
若年性といっても、年齢は定かではありませんが35歳~45歳までに発症した人をいいます。そして、最も多い原因は高血圧です。
このように脳梗塞はいろいろな呼び名があります。損傷部分の大小はあると思いますが、恐ろしい病気であることは否定できない現実です。

pagetop
6