TOP脳梗塞の基礎知識>脳梗塞とは

脳卒中の種類と原因

脳梗塞とは

日本で最も多い脳疾患、それが脳梗塞です。
脳梗塞は脳の血管に、血栓・血の塊・石灰片・腫瘍の塊等々が詰まることによって、血流を遮断し脳細胞を死滅させる疾患です。そして脳梗塞は3タイプに分類されます。

ラクナ梗塞…脳梗塞の40%の人がこの症状に当てはまります。高血圧症の人に多く、睡眠時に発症する場合が多いようです。ラクナ梗塞は脳の動脈といった太い血管でなく、脳の細い血管が詰まるタイプです。ですから症状が軽いため、脳梗塞だと気付かない場合もあり得ます。
しかし、このラクナ梗塞を見逃し続けることによって(多発性脳梗塞)、大きな脳梗塞を発症してしまえば、命・麻痺・認知症・脳血管性パーキンソン病に関わる状態に陥ってしまいます。

少し前になりますが、吉本興業の夫婦漫才「大助・花子」の大助さんが、ラクナ梗塞を把握できたことで、麻痺にもならず一命を取りとめました。
アテローム血栓性脳梗塞…脳梗塞の35%の人が、この症状に当てはまります。生活習慣病と言えば、糖尿病・高血圧・高脂血症などが挙げられます。これらの病状による動脈硬化で、脳の太い動脈・頸動脈が詰まってしまう疾患です。アテローム血栓性脳梗塞も睡眠時に発症する時が多いようです。ラクナ梗塞と違い太い血管が詰まるので、そのまま「眠ったまま」亡くなられる方も結構います。

心原性塞栓症…脳梗塞の20%の人が、この症状に当てはまります。急性心筋梗塞などによって心臓内で血栓が出来てしまい、そのまま脳内まで流れ込み血管を詰まらせてしまいます。心原性塞栓症は日中活動している時に多く発症し、突然の発作として起きます。緊急対応さえ上手くいけば、命を取りとめることが可能です。

pagetop
3