今、できることを考えましょう。大切な家族のために。自分だけの命ではありません。今できることをせいいっぱい考えていきましょう。一歩一歩、着実に。

脳梗塞は若年層から中高年層にも発症しうる病気

脳梗塞ある日突然、何の予兆もなく身体が崩れ落ちる…そして気が付けばベッドの中で、身体の一部を動かそうとしてもその感覚がつかめない…。

 

 

命に関わる症状を引き起こすだけでなく、一生身体の一部分が後遺症に悩まされる場合も…それが脳梗塞(脳内出血)の怖さなのです。

 

 

当サイト「脳梗塞治療ナビ 脳梗塞情報館」では脳梗塞の予防だけでなく、原因/治療法…そして後遺症について、体験談を踏まえ様々な情報をお伝えしているサイトです。
[項目…○脳梗塞(脳卒中)の基礎知識(脳卒中の種類と原因/脳梗塞になってしまったら ○脳梗塞後のリハビリと予防(脳梗塞の後遺症/脳梗塞の予防法/脳梗塞の色々]

 

 

一体、脳梗塞とはどのような原因で発症してしまうのでしょうか。

 

私たちの身体はコレステロールを溜め過ぎると、血栓ができやすくなります(血栓=血の塊)。

そして大きな血栓ができて血管を流れ始めた時、血管が細い部分であれば血管自体を詰まらせてしまうことがあります。

細い血管=脳細胞の血管であり、脳血管で血栓が詰まってしまうと、脳細胞に栄養/酸素が行き渡らなくなり、部分的に脳細胞が壊死してしまいます。

その症状を脳梗塞といい…命に別状がない変わりに、後遺症を発症するケースもあるのです。

 

しかし脳梗塞の場合、処置さえ早ければほとんど後遺症が残ることもなく、時間の経過とともに普通の生活に戻ることができます。
(※もちろん処置が遅ければ後遺症が残り、今までとまったく違った生活を余儀なくされる場合もあります。)

 

また脳梗塞には、予兆となる症状があるといわれています。

 

その予兆を敏感に察知することによって、脳梗塞を未然に防ぐこともできます。
(※脳梗塞の予兆…急に手足がしびれる/頭痛に襲われる/話していて、一瞬言葉に詰まる/目がかすんでしまう等々。)

 

一昔前であれば、脳梗塞は高齢者の病気と思われていました。

 

しかし今では、脳梗塞は若年層から中高年層にも発症しうる病気なのです。

 

 

当サイト「脳梗塞治療ナビ 脳梗塞情報館」では脳梗塞について詳しく理解し、脳梗塞に対して様々な情報や基礎知識を学ぶことによって、脳梗塞の早期発見/予防に役立てて頂きたいサイトでもあります。

 

 

あなたの命は、あなただけの命ではありません。家族のための命であることを理解して頂きたく思います。

脳梗塞にならないために、今できうることを精一杯考えて頂きたく思います。
(※ちなみに「脳梗塞治療ナビ 脳梗塞情報館」では、脳梗塞に素晴らしい実績を誇っている全国の治療院様も紹介しています。)

脳梗塞(脳卒中)の基礎知識
脳梗塞後のリハビリと予防
お役立ち情報
注目の治療院

体育の教員免許を取得した鍼灸マッサージ師、体との対話の専門家だからこそ提案できる「あなただけの運動プログラム」があります。
(東京都文京区本駒込)



保険を使った訪問マッサージ・リハビリなら早快堂さいたま本院へ。

 さいたま市及び周辺地域へお伺いします。無料体験受付中、お気軽にご相談ください。

(埼玉県さいたま市)



神戸市一帯に訪問いたします!保険を使って自宅でマッサージを受けられます!
(兵庫県神戸市)

ひかり治療院は、自宅で治療を受けたい方にベストな訪問マッサージを提供します。ぜひ一度ご相談ください。
(千葉県千葉市)

練馬区付近で訪問マッサージ・訪問リハビリは、治療庵みかんへご相談ください。
(東京都練馬区)

広告掲載について
当サイトの広告掲載についてご要望のある方はこちらのページご確認ください。
広告掲載について